fc2ブログ

記事一覧

やっぱり気になるダッシュパネルのネチョネチョ!

今日はアルテッツァジータのダッシュパネル上部のネチョネチョ取りからスタートですキタ━(゚∀゚)━!

先日、センターコンソール エアコン吹き出し口周りのネチョネチョは綺麗に取れましたが

やはりダッシュパネル上部のしぼ部分がど~~~~~しても気なります。

ネチョネチョの剥離剤を付けて、歯ブラシで名刺サイズの大きさを少しづつ剥離して行きます。

現状しぼ部分のダッシュパネルは手で触ると指紋も残り手が黒くなり汚れます(´・_・`)
IMG_5944.jpg
名刺サイスの大きさを歯ブラシに専用剥離剤を付けて、

少し時間を置いて歯ブラシでこすります。

ある程度こすると抵抗感が少なくなるので、ネチョネチョが取れて来たのが解りますので、

タオルで溶剤を拭き取ります。

一回の作業では全部取ることは難しいので、繰り返しの作業で名刺サイズを丁寧に作業です。

ダッシュパネルのしぼに汚れもあるので、歯ブラシでやさしく作業がポイント!

ネチョネチョを取ることに夢中になって、

剥離剤を拭き取りキズが付いていては本末転倒です。

助手席側のダッシュパネルを綺麗に剥離するのに1時間半掛かり、

運転席を含めると3時間掛かりました♪───O(≧∇≦)O────♪

ダッシュパネルにキズを付けないように、様子を見ながらゆっくり作業した結果

これなら良いかなレベルに仕上がました\(^o^)/
IMG_5947.jpg
ダッシュパネルを助手席から見てみましょう。
IMG_5949.jpg
この状態なら気持ち良く乗れると思います。

ダッシュパネルのネチョネチョ取りは初めて作業しましたが、

センターコンソールとダッシュパネルのネチョネチョ取りは手作業で約5時間掛かり

フロントウィンドに溶剤が飛んでも良いようにガラスを養成しての作業です。

ここ重要で、溶剤が飛ばないようにではなく、飛んでも良いように養成です。

エタノール アルコールで取る方法もありますが、

一番大切なのは、素材を痛めないでネチョネチョを取る。

専用の溶剤が販売されているのであれば専用品を使用して、

素材の様子を見ながらゆっくりキズ付けないように作業する。

基本ですね。

時間に余裕があるからこそ、良い仕事が出来ると思います。

アウトリーベンも安全にネチョネチョを取る方法の勉強もできて、

お客様も気持ち良くお乗りになれるので共に良い方向ですね。

すべて手作業で、いつも使わない筋肉が動いているので、なかなか良い感じの疲労感です(*^_^*)

少し糖分を補給します\(^o^)/

花月さんのいもようかんです。
IMG_5915.jpg
季節限定のいもようかんで、ようかんというよりさつまいも、そのもので美味しい\(^o^)/

明日はオーナー様のエンジンオイル交換からスタートです。
スポンサーサイト



プロフィール

autolieben

Author:autolieben
沼津港より徒歩5分の静かな住宅街にあるボルボ中古車販売店です。ボルボ車を20年以上ボルボ車を査定した厳しい目で選んだ中古車をベースに納車後不具合が少なくなるように、リフレッシュ整備と予防整備をしっかり行い、ボルボ中古車を全国に販売させて頂いております。しっかり整備を行ったボルボ中古車を購入予定のお客様お問い合わせお待ちしております。

最新コメント

ブロとも一覧