fc2ブログ

記事一覧

ボルボV70Ⅰ点火系改善整備。

今日は風が強く工場のシャッターを開けられないので、

工場内で出来るボルボV70Ⅰの改善整備からスタートです。

1999モデルから採用されたイグニションコイルで、

今までのプラグコード デスビキャップ デスビローターより耐久性も安定性もあります。

新車時より22年が経っているので、電気系のトラブルがいつ起こっても不思議ではありません。

ということで、イグニションコイルを外して点検します。
IMG_6370.jpg
外して点検してみると5本共に98年製なので新車装着部品でクラックが入って来てますね。

ゴム部を外すと更にクラックが入ってます。
IMG_6371.jpg
22年使っていれば、劣化もするので普通です。

この状態で調子が悪いか?悪くないか?と言われれば、イグニションコイルが5本共に

クラックが入っているので、本来の調子ではないように思いますが、

チェックランプが点灯するわけでもありませんが、

暑い夏場には劣化進み電気がリークしてプラグが失火して

エンジン不調になり、エンジンチェックランプ点灯することでしょう。

だからこそ、ボルボ専門店として、しっかり部品交換を行い販売することがお役目になります。

純正OEMの新品のボッシュ製イグニションコイル5本&デンソーイリジュウムタフに交換です。
IMG_6365.jpg
もちろんイグニションコイルハーネスのコルゲートチューブも補修します。

点火系の改善整備を行う事で、納車後の点火系の不具合は確実に少なくなり

何よりボルボ5気筒の本来のエキゾーストサウンドが楽しめます(*^_^*)

お次は点火系のリフレッシュと同時にアッパーマウントが切れて劣化しているので交換です。

ボルボの5気筒エンジンはATのシフト切り替え時に前後に動くので、

このマウントでショックを吸収して切り替え時のショックを押さえます。
IMG_6367.jpg
こちらもOEM製新品部品を使用して交換します。
IMG_6366.jpg
イグニションコイル5本 イリジュウムプラグ5本 アッパーマウント交換完了です。
IMG_6369.jpg
経年劣化した部分を改善整備で安心してお乗り頂けることになります。

イグニションコイル5本&イリジュウムタフプラグ5本 アッパーマウント交換で

整備代はおおよそ10万円です。

お客様に納車後不具合が少なくなるように、良質なOEM製部品を使用して、整備代を掛け

改善整備を行うので、アウトリーベンのボルボは不具合が少なく快適にお乗り頂けます。

その他 各部点検整備を行い劣化した部分の改善整備を行ってから、販売価格を決定します。

22年前のV70Ⅰですから、納車後不具合が少ないなるように販売するのが

ボルボ専門店のお役目で、安価で販売するのがボルボ専門店ではないと

アウトリーベンは考えております。何より安心して乗り頂けるボルボをお客様にお伝えして

ボルボのある仕合せな生活をお送り頂くことがアウトリーベンの仕合せでもあります。
スポンサーサイト



プロフィール

autolieben

Author:autolieben
沼津港より徒歩5分の静かな住宅街にあるボルボ中古車販売店です。ボルボ車を20年以上ボルボ車を査定した厳しい目で選んだ中古車をベースに納車後不具合が少なくなるように、リフレッシュ整備と予防整備をしっかり行い、ボルボ中古車を全国に販売させて頂いております。しっかり整備を行ったボルボ中古車を購入予定のお客様お問い合わせお待ちしております。

最新コメント

ブロとも一覧